So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

巻誠一郎の嫁は元女優!試合中に殴られる!引退後の活動は? [スポーツ]

最近は、サッカー界のいち時代を築いた選手の引退が多く見られます。

川口能活さんや中澤佑二さんらです。

新しいところでは、巻誠一郎さんも先日引退されました。
巻誠一郎さんはドイツW杯でも日本代表に選ばれた選手です!

いつも全力プレーで熱い選手でした!

今回は巻誠一郎の嫁は元女優!
試合中に殴られる!引退後についてお届けします!












巻誠一郎の嫁は北川智子!


kita.jpg
巻誠一郎の嫁は北川智子さんです。
1974年4月23日生まれの元女優さんです。

小学2年から高校までの間をサイパンですごし、その頃サイパンでCM撮影を行なっ
ていた市川準監督に見出され女優への道に進んだという。

高校卒業後日本に帰国、同志社大学文学部に
進学するとともに、市川準監督の映画「大阪物語」で女優デビュー、2000年には市川準監督の映画
「ざわざわ下北沢」、その後テレビドラマの「サトラレ」にも出演している。

巻誠一郎さんはどちらかというとシャイな方でしたので、北川智子さんが引っ張っていく感じのようです。


2008年1月に第一子(長男)

2009年9月に第二子(次男)
を出産されています。


北川智子の人柄


巻誠一郎さんは、人の輪に入るといった行動が苦手な人間で誤解されることがあります。


記者の取材すらも
受け付けなくなって全然話さないことも
あるそうです。

嫁の北川智子さんは、

「記者の人たちに話をしたくないという気持ちはわかるよ、なかなか結果も出ないし。けれど、今の声を本当に聞きたいのは記者の人じゃないんだよ。記者の向こうにいる人たちが聞きたいのよ。サポーターの人だったり、千葉の人たち。みんなうまくいかないときも、苦しいときも応援してくれていたでしょう? 一生懸命支えてくれていたのに、その人たちに背中を向けているんだよ」

という北川智子さんの言葉で巻誠一郎さんも変わっていきました。
とても影響力のある方ですね!


巻誠一郎が試合中に殴られる!


巻誠一郎さん、サッカーの試合中に殴られるという災難に襲われています。
殴ったのは、パク・ソンホ選手だそうです。

2014年4月のJ2第6節の熊本戦の後半戦
ボールとは全く関係がないところで巻誠一郎さんはパク・ソンホ選手に殴られたんだとか。

審判も見ていないところでの悪質で乱暴な行為という事で
パク・ソンホ選手は1試合出場停止処分を受けています。

いかなる理由があってもサッカーの試合で殴ったりしてはいけませんね。


巻誠一郎の引退後は?


ロアッソ熊本は熊本は2018シーズン、明治安田生命J2リーグで2年連続の21位フィニッシュとなり、J3降格が決定しました。
渋谷洋樹監督は指揮を継続し、1年でのJ2復帰を狙う。

2019シーズンを前に、元日本代表FW巻誠一郎が現役引退を決断しました。

巻誠一郎さんのコメントです。

「本当にジェフ、ヴェルディ、ロアッソと素晴らしいクラブでプレー出来て、今は感謝の気持ちでいっぱいです。そして、最後に生まれ育った熊本のクラブでプレーさせていただけた事は本当に幸せでした。今後はサッカー界の発展の為に出来る事や熊本の県民の皆様の役に立てるような事を中心に微力ながらやっていければと思ってます。具体的な事はまた改めて皆さんに報告させていただけたらと思います。先ずは16年もの長きに渡り、ご声援いただき本当にありがとうございました」

引退後はまだ未定のようです。
やはり震災復興やサッカー関係に携わるのではないかと思います。




巻誠一郎プロフィール




巻 誠一郎(まき せいいちろう)
生年月日:1980年8月7日 (年齢 38歳)
出身地:熊本県下益城郡小川町出身
ポジション:フォワード

身長:184 cm
体重:81kg
学歴:駒澤大学

巻誠一郎さんは熊本県出身で、大津高校から駒澤大学へ進学した。
2003年にジェフユナイテッド千葉へ加入。

2005年から2009年にかけて日本代表に選出され、2006 FIFAワールドカップ ドイツに出場した。
2010年7月にはロシアのアムカル・ペルミへ移籍。翌2011年3月には中国の深セン紅鑽足球倶楽部へ移籍した。

同年8月に東京ヴェルディへ加入し、2014年からは熊本でプレーしていた。


14年から在籍した熊本では、16年4月に最大震度7の熊本地震に遭遇しました。
地元の惨状に「熊本が大好きなんで、感情が抑えられません」と号泣したが、「力強く前に進まないといけない」と、震災直後から率先して支援物資を届けるなど地元を勇気づけました。

選手としても「やるからにはプロとして、1人の男としてやらなければいけない」と奮起。
震災による練習不足のハンディも乗り越え、復興の象徴とも言えるひたむきな泥臭いプレーでけん引しました。












まとめ


巻誠一郎さんは震災を勇気づけることをしながらサッカーでも全力プレーで盛り上げてくれました!
今後の活躍も応援していきたいと思います♪














コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | -